--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.04.02

もう5年生。

こんばんは。こんな私ですが、今月からとうとう5年生。研究室に入ったのはつい最近の事のような気がするけれど、あれからもう1年経ったんだなぁ…。
今年はうちの研究室に新4年生が2人入ってきてくれました。が、3月は病院の改修工事終了してお引越し作業をしていたため、診療の事をあまり教えられず…。研究室に入ったと思ったら重い荷物ばっかり持たせてしまい、なんだか申し訳ないな。まぁ、来週診療が始まったら忙しくなると思うので…今のうちにゆっくり休んどけ、ってとこですね。

引越し作業のため休診だったとはいえ、患者さんが全く来なかったわけではないのです。ちょこちょこ再診の患者さんが来ました。状態があまり良くないのに加え、飼い主さんの都合もあって入院してた子も。。その子が、前にも書いた、1月に初診で来てオペ、さらに2月に断脚術をした、私の入院担当の子です。3月27日から入院していたのですが、30日に状態が悪化し、31日朝に亡くなってしまいました。ふたり連続で担当の子を亡くし、正直ショックです。
前回の子の時、亡くなった時に自分が何も出来なかったのが悔しくて、入院担当の責任の重さを思い知らされました。今回の子は、術後の入院や再診時、自分なりに今の状況を把握したりする事に努めたつもりだったけれど、過去の検査所見を忘れてしまって、先生に正しい説明が出来なかった。先生に言われるがままの治療を行っていた…というか、治療に対する理解が足りなかったと思う。前回から何も学んでないじゃん、これではいけないとようやく気付き、過去の身体検査、血液検査の結果やX線写真、超音波検査の所見などを整理しはじめましたが、もうすぐ今の状態に追いつく、というところで…。亡くなった前日から状態が悪くなり、その日はカルテの整理をしながら朝までずっとついていました。(仮眠はとってましたが。。)一旦シャワーと朝食のため家に帰りましたが、その1時間半の間に心肺停止。またしても、何も出来なかったんだな、自分。
亡くなってしまった子は取り戻せない。やっぱり、この症例から出来るだけの事を勉強しよう。。


いつも勉強しなきゃ、とか言いつつ、今日は疲れたからちょっと休もう、とか、明日でいいや、とか思って何もしない自分、ほんと弱いなー。。何のために毎日診療に参加させてもらってるのか、ただ単に働かされに行ってるのと変らないな。6年生が診療から引退して、診療の中心となってく5年生、来年の今頃後悔してないように、もっと意志を強く持ってかなきゃな、と思うのでした。


++

4年程前にパソコンを買って以来、ウイルス対策ソフトのアップデートを全くしていなかった。さすがにマズいと思い、大学で無償で貸し出してるソフトをダウンロードしてみました。さらに、最近パソコンの起動時に毎回出てくる謎のエラーメッセージ、いつも無視していたけど、今日はこれに対処すべく頑張ってみた。あと、Internet Explorerを開くと必ずsujin.com.npという謎のページにアクセスしてしまっていたんだけど、これがウイルスの仕業だというのをやっと同定(?)できた。そして駆除。いやほんと、ウイルスって怖っ。新学期になり、新しい研究室名簿をえくせるで作ったのだけど、恐ろしく時間かかった。あぁ、こんなに使えなくて卒論大丈夫なのか。パソコンも勉強せねばなー。まぁ、こっちは何とかなるか~。何だかんだで機械って、カンを駆使すれば使えるからなー。


今日はだいぶ伸びてた髪をばっさり切ってみた。春だ。財布もかえてみた。心機一転。5年生、がんばろう。(しかし早速お金がなくなり、今月私大丈夫だろうか。。)
スポンサーサイト
Posted at 23:41 | お勉強 | COM(2) | TB(0) |
2009.02.06

むー抜糸☆

こんばんは。おかげさまで、とうとうむーむーも普通の猫になりました。


「抜糸は自分でやれ。けど、その前に一回診せて」と執刀した外科の教授に言われてたので、今日学校に連れて行って、診療終わった隙に診ていただきました。「大丈夫だ」とのお言葉により、本日抜糸。自分で抜糸するのは初めてだったけれど、しっかりやり方があるんだなぁ。。VTさんや先輩に教えてもらいつつ、何とか抜糸完了。

抜糸直前の術創はこんな感じ。
抜糸直前☆
皮膚には(当たり前だけど)まだ傷が残ってますが、開いてるわけでもなく、順調な回復。

抜糸後はこんな感じ。(上の写真と頭側尾側が反対です。。)
抜糸完了☆
一応希ヨーチンで消毒。もうちょいしたらシャンプーして、ヨードの汚れを取ろうね。



…というわけで、むーむーの臍ヘルニアは無事、完治しそうです。野暮な話ですが、これ、普通に開業でオペしたら何万円かかってたかなぁ。ホント、教授、ありがとうございました。


預かっていた仔猫は、今日お迎えが来る予定。最初はどうなる事かと思ったけれど、2,3日したらすっかり仲良くなって、わいわい追いかけっこして遊んでました。猫じゃらしで遊んであげると、むーむーよりも明らかに動きが俊敏。むーはワンテンポ遅いんですよね。(笑)
ピアノはさんで
帰ったら寂しくなるんだろうなぁ。。お友達ができて楽しそうなむーむー見てると、ちょっと帰したくない。(笑)


親ばかと言われればそれまでですが、むーむーはホントにいい子。初対面でも(人、猫問わず)全く人見知りすることなく近づいていくし、おとなしいし、かといって引っ込み思案ではなくて遊ぶ時は遊ぶし、(あんまり)いたずらしないし、トイレはちゃんと砂にするし、呼んだら来てくれるし、抱っこと肩乗り大好きだし、ただいまのお迎えもしてくれるし…。こんなに飼いやすい猫、他にいないんじゃないかな~って思えるくらいです。家にいない時間が長くて寂しい思いさせてるかもしれないけど、末永くよろしくね、むーむー。
呼んだ??


さてさて、臍ヘルニアの猫はたくさんいるのです。むーむーの生まれ故郷、S牧場では、近親交配の結果なのか、臍ヘルニアっ子がわらわら。むーの兄弟(と思われる)猫2匹が、またしても外科に持ち込まれてます。そこで外科の教授、私に向かって「お前、術者やるか?術式はもうわかっただろ??」
はい、やってみたいです。
そしたら、「手術計画書」なるものを書けと。早く書けと。。。

…それにしても、オペする余裕はあるんだろうか。外科実習もあるし、今月テスト期間だよ。
あーテスト勉強、やっぱりまだ何もやってねぇ。
Posted at 22:30 | お勉強 | COM(2) | TB(0) |
2009.01.29

外科実習

昨日は外科実習で、はじめてのオペ。皮膚切開と、大腿骨アプローチを実施するはず…だったのが、やっぱり時間がなく、うちの班は皮膚切開1ヶ所で終了。1日経った今日の状態は、術創はキレイで元気食欲もあって、大丈夫そうでした。

そんな昨日、私は臨床系とは思えない大失敗をして、先生にがっつり怒られました。^^;朝の犬世話で、これから麻酔かける犬にご飯を食べさせちゃったんですねー。気付いてすぐにダッシュで犬舎に戻ったけど、すでに遅し。。外科のみなさん、班員をはじめ、みんなに多大なご迷惑をおかけしました…。ホントすみません。気付いた時は、自分病院辞めた方がいいんじゃないかと本気で思ったよ。
まぁ、一番最初に大失敗したおかげで、気が引き締まったというか。。実習中は、今までみたいに失敗することもなく、無事手術終えれたのでよかった。助手担当だったけど、ちょっとだけ縫合させてもらえたし。次回の実習は何やるんだろ。


オペといえば、手術から1週間経ちましたが、うちの猫は元気です。元気に部屋を走り回ってるせいで、皮膚の縫合が一部取れました。(笑)皮下ちゃんと縫ってあるので大丈夫とは思うんだけど、もうちょっとおとなしくしてて欲しいなー。あと、投薬のせいなのか、便がちょっと柔らかめなのが気になるところ。昨日で薬はきれたので、もうちょっと様子見だな。


もうすぐ1月も終わりですね。来月はいよいよテストの山。。前期は今までみたいにのほほんとしててえらい目にあったので、今回こそは計画的に勉強しないと。…とか毎回言ってるけど、今回はどうでしょう。


Posted at 15:41 | お勉強 | COM(0) | TB(0) |
2009.01.25

オペづくし。

今朝起きて窓の外みてびっくり。雪積もるなんて聞いてないよ~。さらさらのパウダースノーが積もりました。気温も低く、夕方の時点で-10℃下回ってたなぁ。。明日冷え込みそうだ。。


病院はなかなかに忙しく、金曜日にちょっと大きなオペがありました。私が入院担当の子で、手術では器械担当。腋に腫瘤のある子なんだけど、取りきれない所にまで浸潤してて、予後不良。残された短い時間、幸せに暮らせるように、とりあえず早く退院して家族のもとに帰れるといいね。私は…病理診断依頼を書かなければ~。


++


ご報告が遅くなりましたが、うちの猫のオペ、水曜日に無事終わりました。本日、術後4日目です。さすがにオペ当日は疼痛あったみたいで、抱いたりするとぎゃあぎゃあ言ってましたが、2日後くらいから落ち着いてきて、今では普通にのびのびしてます。前よりもカラーを嫌がらなくなった。
むー術後4日目


前々から言ってたけど、術者は外科の教授。麻酔は外科の院生の先生で、器械が病院の同期、助手が私。ちなみに私、助手初めて。
術式は定法通り。皮膚切開してすぐに腹腔なので、まず卵巣子宮全摘出術。ヘルニア孔は、先生の「思ってたよりもひどい」らしく、孔広げなくても避妊できました。肝臓脾臓も確認できました。しかーし先生、こんな小さな仔猫(5ヶ月齢)の避妊はやったことがなかったらしく、(そりゃ大学病院に避妊は来ないよ。)子宮が小さすぎてなかなか見つからなかった。「奇形なんじゃないのか~?」とまで言われ、焦ったよ。。術前にトイレに行ってもらうと手術がやりやすい(膀胱に尿たまってると術野が見にくい上に邪魔)んだけど、それをすっかり忘れてて、お腹開けてみたら膀胱ぱんぱんだった。子宮結紮する時に私は膀胱周囲を押さえてましたが、膀胱破裂しないか本気で心配だったよ。。
卵巣子宮とったら、あとはヘルニア整復。腹膜を筋層からはがして、デブリードメントして、縫うのみ。あと、今まで外に出てた腸が腹腔に戻り圧力がかかるので、減張のために筋膜をちょっとだけ切りました。皮膚は単純連続縫合。で、術後にヨーチンで消毒して終了。ちなみに、手術直後の術創はこんな感じ。
むー術創

手術中は終始和やかな感じでしたが、先生に「手術って性格がわかるなぁ」とか「実はちょっと雑だねぇ」とか言われました。(笑)そうだったのか。。まぁでも大きな失敗もなく、無事終わってほっとしたよ。。


術後しばらくは家にひとりにしておくのが心配だったので、病院に連れてくるつもりでした。しかーし、トイレのしつけを厳しくしたので、家のトイレ砂じゃないとトイレしない子に。朝から晩までおしっこ我慢してるむーむーを見て、家で留守番してもらう事にしました。むー、お前偉いな。。今は経口で抗生物質と肝臓の薬(麻酔薬が肝臓で代謝されるので)あげてます。一般状態に問題なし。
2週間後の抜糸が済めば、ついに普通の猫になるむーむーでした。お疲れさん。そして外科研究室の皆様、お疲れのところ遅くまで本当にありがとうございました!!
Posted at 22:46 | お勉強 | COM(0) | TB(0) |
2009.01.06

むーエコー♪♪

こんばんは。初診の子の処置が長引いて、今日も夜帰宅。そろそろ入院の担当を任せてもらえる…というか、今5年生が授業でいないので、任せてもらえざるを得ない(笑)というか。まぁ、そのぶん責任重大だし、勉強しなきゃ、という危機感も。。もうすぐ後輩入ってくるしなーヤバいなー。。私なんも知らんな~…。


さて、今日はうちの准教授の先生に、むーむーのエコーを撮っていただきました。私もちょっとだけ、診療で使ってるいい超音波診断機のプロブを持たせていただきました~!

さて、むーむーの臍ヘルニア、外観はこんな感じ。
むー臍ヘル
お腹のあたり、ぼっこり飛び出してるのがそれです。いつも思うんだけど、卵を抱いた皇帝ペンギンのお腹にそっくり。(笑)大きさは、70×60×30(mm)くらい。さすがにこんなにでっかいのは珍しいらしく、臨床経験の豊富な先生も驚いてました。


このまさにヘルニア部分にエコーをあててみました。
むー臍ヘルエコー
上が腹側、下が背側で、左が頭側、右が尾側の矢状断。
まぁ、見ての通り、腸ですな。(笑)ちゃんとむにゅむにゅ運動してて、癒着もないみたいで安心。私は膀胱にエコーあててみたところ、異常なしでした。よかった~。

よし、あとはオペでお腹を閉じるだけだ。外科の教授~いつオペするんですか~??(笑)
Posted at 22:57 | お勉強 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。