--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.03.09

春も音楽の季節

今日は11時起床!これから徐々にマトモになっていいくと思われます…。
起きて朝ご飯。そのすぐ後にお昼ご飯。(笑)久しぶりに一日三食だー。
昨日の予告どおり、大学に行ってピアノ借りよう。久しぶりにチャリで行こう…と思ったら、空気が全く入ってなかった。けど、気にしないでガッコンガッコン言わせながら大学へ。生協でタイヤに空気入れて音楽室(とは名ばかりのただのピアノのある部屋)へ。
今日は何を弾こうかな、と思いつつ適当に思いついた曲から。でもドビュッシーのアラベスク1番を弾いてみたらいい感じに忘れてたので、またさらい直し。なんてことしてたら他のドビュッシーもやりたくなって、亜麻色の髪の乙女とかグラドゥス・アド・パルナッスム博士とかもさらい直し。亜麻色をほとんど忘れてたのにはガッカリしたが…前にさらった期間も短かったから仕方ないかー。アラベスクとか博士はどんどん高速テンポで適当になってしまう。そうするとおかしなもので、右手と左手のテンポが違ってきてめっちゃくちゃになる…。(笑…)

あたしってば飽き性なので、あんまりさらい直ししてると他のがやりたくなる…ってことで、合間にいつものように別れの曲とか。別れの曲、中間部の6度の和音は前もできてなかったけど、さらに出来なくなっとる。4度の和音もあやしいぞ。ペダルも適当だし…。舟歌はテヌートが全く出来てなくて、なんだか浮いた楽しそうな舟歌になってしまってる。ラ・カンパネラはミスタッチが多すぎ。音が重いし。もっと軽やかに弾きたいんだけど。というか、指まわってない…。ため息は、最初の主題ならなんとかなるけどその後は譜読みする気合が出てこないよ。

最後にケータイのボイスレコーダーで自分の演奏を録音。弾きながらだとわからないところが見えていいです。なんか、あたしの別れの曲って単調でつまらん。音色がどれも一緒だし、その音色も全く良くないし、ダイナミクスレンジもほとんどない。ただ弾いてるだけって感じ。pで弾くのが苦手やからなぁ…。課題山積みです。

3時間じゃ全然足りなかったので、明日も音楽室予約。明日はショパンとかリストとかはなるべく抑えて(てゆーか全く出来てないから)、ドビュッシーをもうちょっと頑張ろうと思います。

ちなみに…舟歌では3度のトリルが出てくるのですが、これが出来ない。ショパンエチュード25の6ができるようになれば簡単なんだろうけど…ってあんな難しい曲出来ないよ。エチュードでは別れの曲意外では10の4とか25の12がやりたいなー。25の12はショパンのエチュードでは一番好きな曲です。両手のアルペジオで小節の頭に旋律がきます。Cの短調で暗いんだけど、途中で長調に転調するとこが好き。前の日記にも書いたけど、♪だ―――んだーんだーんだーんだ―――んだーんだーんだーんだーんってとこです。(笑)(聴きたい方は昨日の日記のリンク先でMIDI聴いて下さい…。)んー、この曲は頑張ればなんとかなるような気が…。エチュードはアシュケナージ盤しか持ってないんだけど、この曲はポリーニ盤のテンポの方が好きなので、ポリーニ盤欲しいなー。でもポリーニ盤のテンポじゃ絶対無理。


一応、つまずいたり滑り落ちたりしつつも頑張ってエベレストの頂上を目指したら、富士山がちっちゃく見えたってのがあたしの考え(というか、そうあって欲しいという希望)です。ネパールの村あたりで挫折しないように、ヴィルトゥオーゾ目指して登っていこうかと。なれるのは何百年先かわかんないけど。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://vethbp.blog35.fc2.com/tb.php/292-af4c079e
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。