--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.03.17

ピアノのおかげで

マトモな生活保ててます。ピアノ弾くぞーっていう気合だけで、9時に起きてます。こんなんで新学期大丈夫なんか、あたし…。勉強するぞーっていう気合だけじゃ絶対に起きれない…。
話によると、発生学、勉強する人はなんと年明ける前から勉強してたらしい。2ヶ月前から勉強かー。あたしなんて、1週間前でものほほんとしてたよ…。追試の時でも、1週間前は違う事に一生懸命になってたなぁ…。どうしてピアノとか乗馬は一生懸命出来て、勉強は出来ないんでしょうね。…ってここに書くだけじゃ意味ないよな。

今日のBGMはリストの半音階的大ギャロップ。リストらしい、難しそうな曲です。(笑)でもギャロップだし、楽しげでいいですねー。能天気そうな曲だけど、弾く方はとても能天気じゃいられなさそう。当のリストは楽しげに楽々弾いてたんでしょうねー。当時録音技術がなかったのがあまりに残念。(後で調べたら、リストが亡くなったのは1886年。エジソンが蓄音機を発明したのは1877年でした。もっと実用化が早ければなー…。)

昨日ちょろっと弾いてみて、出来そうだってことで、今日はワルツ9番。俗に「別れのワルツ」って呼ばれてるあれです。一応最後まで通して弾けるようになって、今までのショパンでは一番易しめだなーとか思って、テンポ揺らしたりして気持ち良く弾いてたんですが…。録音したの聴いてみたら、…なんかうるさい。自分としてはpのつもりで弾いてるのに、…mf?p苦手な上にfも苦手だから、ダイナミクスに幅がない。それに、テンポかなり動かしてるつもりだったのに、実はあんまりゆれてなかった。大げさすぎるくらいにやらないと、客観的に聴いたらわからないものらしい。やっぱりプロのピアニストはすごいなぁ…。別にピアニストに限らないけど。
もちろん9番ばっかりやってたんじゃなくて、小犬ちょっと練習してみたり、ラ・カンパネラの前半とラストだけ(つまり、自分の指が動くところだけ)やったりして。カンパネラのラストのfffと、ワルツ9番の音量が、録音したのを聴く限りではほとんど違いがないって、ある意味すごいぞ。ダイナミクス、当面の大きな課題になりそうです…。

ま、頑張ります。新しい曲始める前に、別れの曲仕上げろよ…。とか自分でも思います。

1時くらいできりあげて、昼食はナポリタン。ウインナーの賞味期限がきれてたので…。(笑…)北海道に来てから初めて知ったんだけど、ナポリタンを鉄板で焼いた半熟薄焼き卵にのせるのって、東海限定なんですねー。全国区だと思ってた。あと、五平餅も全国にあるもんだと思ってた。モーニングも普通だと思ってました。味噌煮込みうどんも。あ、もう味噌煮込みうどんの季節が終わってしまう…。半熟卵が最高なんですよ。しかも結構簡単。ぜひ皆さん、ご家庭でも作ってみてください。岐阜人でも味噌煮込みうどんは家庭の味です。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://vethbp.blog35.fc2.com/tb.php/299-6ae30f07
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。