--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.01.04

期待外れと期待以上

昨夜、2日の続きで里見八犬伝を見たが…あまりにチープで笑っちゃう場面が多々あった。CGもしょぼかったし…。玉と村雨のCGは良かったけど。最後の方で、扇谷+足利との戦い、犬士みんなで同じように戦ってるのがあまりにも退屈だった。八百八人の計はなんとなく出てきたけど、毛野が軍師で大角が敵地工作(原作より)とか、もっと変化をつけろ!!何故かヽ大法師死ぬし…。蜘蛛の痣とか、ましてや蜘蛛なんか原作には登場しないのに、昔のあの映画を意識したのだろうか。
総評で言うと、原作を端折りまくって、よりファンタジー色を濃くした結果、全体的に安っぽくなってつまらんくなった、ってとこでしょうか。脚本の彼女は本当に原作(原作というのは古文の原作のこと。現代語訳は、原作の訳ではあれど原作ではない。あたしが読んだ岩波文庫版も、完璧に当時の文章とは言えないので、あんまり偉そうな事言えないけど。)を読んだのだろうか。原作を完璧にドラマ化するのは不可能だとはわかっているが、もうちょっと作りようがあったのでは。はっきり言ってガッカリしました。


元旦に買ったパソコンでテレビが見れるようになったので、新選組!!を録画。しっかり録画テストして、高画質で録画。あたしってこういうとこ、妙に拘るんです。里見八犬伝が終わった後、見ました。これは良かった。里見八犬伝をリアルタイムで見てしまった自分に腹が立ったぜ。ディスカッションドラマで、土方さんと榎本さんの会話シーンが長いと聞いてたけど、全然飽きない、むしろぐいぐい引き込まれた会話シーンだった。メインの3人とも、なんか本当にこんな人だったんじゃないかっていうリアリティがあった。しかし大鳥さん、おもしろい。(笑)あのモミアゲ…。(笑)
永井様とのシーンで流れてた曲、サントラ欲しい。(笑)今出てるのには収録されてなかったんだよな…。
最期のシーンは突然で、もちろん涙しましたよ。史実では即死だったらしいが、なおも立ち上がって戦う副長に感動。そして最後のBGMをメインテーマにするなんて…ニクいなぁ…。
いや、感動した。本当に。二人の最期の言葉が「トシ」「かっちゃん」なんて、なんてニクイんだっ。今DVDにおとしてるところです。確認がてら、もう一回見るぞっ!!新選組!!、永久保存版決定だっ!!!
すべてのシーンに大満足だったのですが、個人的には大鳥さん三枚目シリーズ(勝手に命名)がお気に入り。土方さんがジオラマを壊してるのを必死に拾ったり、モミアゲ触られたり…。(笑)シリアスなドラマの中で、かなり光ってました。
新選組!を見たから、というわけではないけど、実は昔から日本刀好きです。以前トリビアの泉で、日本刀がピストルに勝ったというのがやっていたけど、それを見て嬉しくなってしまったり。でも全く詳しくない…。都合よく、隣の隣の市が刃物の町で刀作りが盛んなので、いつか見に行ってみたいです。我が家にも昔刀があったのに、今は所在不明。残念…。

話が逸れた。里見八犬伝でテンションが-∞まで落ち込んだけど、tanxのグラフみたいに新選組!!で+∞まで盛り返しました。良かった。


昨夜は古畑任三郎も録画しておいたので、これから母と見ます。もちろん、今日放送のイチローも楽しみです。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://vethbp.blog35.fc2.com/tb.php/43-85a266c8
この記事へのトラックバック
『古畑任三郎』の裏で放送された『新選組!!土方歳三 最期の一日』こちらもすごかった 歴史に疎いから、展開を知らなかったのがになったのかな?山本耕史、片岡愛之助、吹越満、3人とも良かったねぇ (*^^*)デレッ最初対立していたのに、ラストには団結し立ち向か
「新選組!!土方歳三 最期の一日」 | |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο at 2006.01.04 18:33
待たせたな
新選組!! 土方歳三最期の1日 | 悠雅的生活 at 2006.01.05 01:51
おはようございます。城北は、今日から仕事始めです。あらためまして今年もよろしくお願いします。さて、仕事始めにあたり、先日放映されたNHK大河ドラマスペシャル「土方歳三最期の日」について触れたいのです。
仕事始めと土方歳三 | 「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ! at 2006.01.05 10:43
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。