--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.01.14

早いもので

冬休みも(今日を除いて)あと3日。予定より早く帯広に帰ってきたので、1週間のバイトない日々を体験できました。そんなバイトも、3月いっぱいで辞めてしまおうか、と適当に考えて日々生きてます。辞めた後は…何しよう。喫茶店とか…あるいは飲食店以外か、せっかくだからいろんな仕事をやっておきたいと。でも塾講とか家庭教師はあたしには向いてないと思うからやめとこ。

部屋の模様替えのため、いらない(というか買い換えたい)家具を処分してしまおうと、相変わらず部屋の片付け。とかピアノ弾いたりとか。勉強は全くしてないんだけど、微生物と解剖の試験は間がだいぶあるからなんとかなるかと。放射線と生理学がどこに絡んでくるかが問題だな。今日生地からパイを作ってみた(急に食べたくなったから)んだけど、そんなヒマがあるなら勉強しろよ、なんて考えは全く起きませんでした。。
しかーし、来週からは獣医のハイライト(?)いろんな家畜の解剖が始まります。久しぶりに獣医らしい事が書けるんじゃないかと。


話題変わるので追記へ。
そういえば、いつから自分の周りから(目に見える範囲で)いじめがなくなったんだろう。

ニュースで「いじめの定義」って言う度に、なんか違和感を覚える。問題はそこじゃないだろう。というか、いじめって問題なのか。
まぁ、あたしは神経が図太くできてるのか知らないけど、いじめが原因で「死にたい」と思った事はない(というか、いじめ以外の原因でもそう思った事はない)から、そこまで思いつめてる人の気持ちはわからないけども。
いじめられても、本当にひとりぼっちになることはない。絶対に、どこかにいい友達がいるはずだし、親が自分の敵になる事はまずないし、最低でも一人くらいはいい先生がいるはず。いじめする人って、そうする事で自分が優位に立ってるって思い込んでる、精神的に子供な奴等なんだから、自分に自信をなくすのは見当違い。
…って事に気付けば、いじめ問題なんてのも軽くなるんじゃないか。少々冷たいかもしれないけど、悲観ばっかして勝手に死ぬのは理解し難い。想像力足りないんじゃないの。

以上、昔いじめた経験といじめられた経験両方持つ私の意見でした。上手くまとまらなくて変な事書いてるかもしれないけど。

そーいえば小学生か中学生かの時に、たまに上履きなくなってたりしたけど、あれって嫌がらせだったのかなぁ。そうだとしたら、何も気付かなかったあたしって鈍いんかなぁ。。
スポンサーサイト
この記事へのトラックバックURL
http://vethbp.blog35.fc2.com/tb.php/610-65d80ac8
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。