--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.01.31

解剖その2

昨日と今日で馬の解剖。
私、人の話を聞いてなかったのか、生きてる馬が来るとは思わなかった。先週の豚や半年前の鶏みたいに、放血された状態だと思ってたので…外科の人たちに引かれてきた馬を見てちょっと…。まぁ、悲しくなってしまったというか。特に麻酔が効いて倒れた時や、放血で血がほとんど抜けてしまって死にそうになってたのはね…。

さて、気を取り直していきましょう。悲しくなってばかりじゃ仕方ないですから。詳しくは書きませんが、本当にこういうのが苦手なあなたは読まないほうがいいかも?


昨日は先生達がいろいろ説明をして、肢をはずしたり腹腔と胸腔の臓器を取り出したところで終わり。サラッと書きましたが、1時に始まり8時半に終わりました。。つか結腸が!!(特に上行結腸。)盲腸もでかい!!中身が出ると最悪だし。。なんか発酵して膨らんでるし、かなり危険でした。消化管取り出した時点で腹腔には人一人入れそうでした。。それでも、あんなでっかい腸よく収まってたなーと感心。
今日は各グループに分かれてそれぞれ担当する部分を観察、説明。うちらは胃、十二指腸、膵臓、肝臓、脾臓。たくさんあるから大変かと思ったら意外にさらっと終わり(一緒のグループだった人、ほとんど押し付ける形になってすみません…)。。頭部とか体幹、肢の人は大変そうでした。余った時間で筋やってる人の手伝い(か邪魔かわかんなかったけど)しつつ勉強。結局全て終わったのは10時近くでした。疲れた。

ちゃんと勉強しないと馬達に申し訳ないので、まだ試験まで1ヶ月あるけど今からしっかり覚えよう…。今日も「?」って思ってばっかりだったし。


家に帰って早速汚れたつなぎを洗ったら、マイ解剖セットも一緒に洗ってしまいました。洗濯機の中にメスの替え刃が散乱。あぶねー…すすぎ→脱水の前に気付いてよかった…。それにしても、あたしって自分の解剖セットから嫌われてるんですかねー。前にも替え刃白衣のポケットに入れたまま洗濯したし、先週は他人のと間違われるし、今日もマイメスが行方不明になったし。ただあたしの扱いがぞんざいなだけか。。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://vethbp.blog35.fc2.com/tb.php/622-218f89a2
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。