--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.02.07

解剖その3

大変でした。今年3回目の解剖です。今回は牛。

先週同様、苦手な方は読まない事をオススメします。

放血はおとといの月曜日。前までは馬と同様放血から見れたんだけど、最近はBSEの検査をしなければならないらしいので。。

で、昨日は1時からのはずだったのに、BSE検査結果出るのが遅れて2時からに。あたしは生協に行って食べ物いっぱい買ってきましたが、なぜかカマクラと雪だるま作ってた人達も…。

今回も前班と後班に分かれての解剖でした。が、後班の牛はなんか死後の変化が激しかったらしく、えらい事に。腸の色悪かったような気がするし、肺も何でか緑色に変色してた(普通は健康的なピンク色)し、やけに細かい脂肪が多かったし。いやー、あたし前班でよかった。けどやっぱり冷蔵庫に入ってたとはいえ死後1日経ってるので…ルーメン(第一胃)の中身発酵してガスたまってるし、ルーメン重過ぎて動かせなかったから中身出す羽目になった(1輪車1杯じゃ足りなかった…どんだけ食ってんの…)し、剥皮の時にメスで自分の指ちょっと切っちゃったし。終わって帰ってきた(8時半)ら、手にニオイ付いてて全然取れなかったし、夜は解剖の夢見た。(笑)棘下筋棘上筋…とか言ってうなってたような気がする。

そして今日は解剖室がある建物に入ったとたんニオイが…。さすが、死後丸2日。昨日の続き始める前に、何故か昨日作った雪だるまと一緒にクラス写真を撮る。(笑)先週と同様に、昨日バラした各臓器やらを2、3人のグループで担当し、発表。うちらは前肢だったので、内臓みたいなニオイが大変って事は(あんまり)なかった。心臓と肺は、色もニオイも相当ヤバかった…。けどのんびり余裕かましてやってたら、発表するのが最後らへんになってしまった。おかげで前肢の筋だけは覚えられたけど。

今回の牛達はまぁ、ある意味よかったというか。うちらが担当した前肢では、長第一指外転筋がなくて、奇形と診断されました。(笑)さらに第二胃にはなんやらわからん鉄クギが入ってました。授業で、第二胃は横隔膜をはさんで心臓と隣接してるので、異物を飲み込んだ場合に心臓が危ない…みたいな事を言ってたような。これらは、うちらのくじ運が良かった(?)のか、結構普遍的にある事なのか…どっち?

とにかく、無事あのニオイから逃れられて、昨日と今日着てた服たちもみんな洗濯完了してよかった。勉強の方は、前肢の筋以外は微妙なので来週の犬でちゃんと勉強させていただきます…。それにしても今日は疲れた。もう寝る。解剖の夢見ませんように。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://vethbp.blog35.fc2.com/tb.php/625-1fbee933
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
洗濯するときには「レノア」がおススメ!
ふんわりした仕上がりになるし、脱臭効果抜群★★
あたしも白衣の洗濯にはレノアを愛用してるの。

いい夢みて、ぐーっすり眠れるといいね♪
Posted by あつこ at 2007.02.08 21:37 | 編集
レノアかー。あたしはずーっとソフラン使ってます。なんかそっちの方がよさそう。。(笑)

ぐっすり眠りすぎて、起きたらお昼でした。(^^;
Posted by まゆみ at 2007.02.10 10:50 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。