--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.11.14

寄生虫テスト終わり。

といっても範囲は線虫だけですけど。

問題は事前にまとめてあったので全然余裕かと思いきや、余裕かましすぎてちょっとヤバかった。
昨日1日で全部覚えるはずだったけど、なかなか集中出来ずにピアノ弾いて現実逃避。夕食はカレーを作ってたけど、煮込んでる間にピアノ弾いてたら熱中しすぎて肉がコゲた。まぁ、昨日はなんか指の調子が良かったので…。。
さて、音楽聴きながら暗記。サティのピアノ曲集、ずっと前に入手してたんだけど聴かないままほったらかしだったので聴いてみる。「犬のためのぶよぶよした前奏曲」とか「ひからびた胎児」とか意味不明な題名の曲があるので、中身も前衛的で意味わからん(→曲より勉強に集中できる)と考えてチョイスしたんですけど…案外シンプルでしかもメロディアスで好みの曲ばかり。結局マトモに勉強始めたのは深夜になってからでした。


テストの出来は…受かってると信じたい。犬糸状虫(フィラリア)は絶対出ると信じてたのに気配すらなかった。。


午後の寄生虫実習は、マラリアとトリパノソーマに感染したマウス血液の塗沫標本を作って観察。あと脾臓スタンプも。自分で作って見ると感動。楽しかったです。


家に帰ったらタイミングよく佐川急便のおっちゃん登場。アマゾンで注文してたCDを持って。
ハーディンガー(英語読み)改めハゲンダル・フィドルはノルウェーの民族楽器なんですが、某サントラを聴いてこの楽器のファンに。よくよく調べたら、ハゲンダル・フィドル協奏曲があるらしい。早速注文したわけです。ちなみに作曲者はゲイル・トヴェイト。なかなか不幸な人で、家が雪でつぶされたり火事にあったりで大部分の作品が焼失、創作意欲まで失ってしまったそうで…。(Wikipediaより)
CDはこれから聴きます。もしノルウェーに行く人がいたらハゲンダルフィドル、買ってきてください。超いい音です。


さて、今夜はのんびりするぞっ。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://vethbp.blog35.fc2.com/tb.php/734-90e6f1da
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。