--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.12.10

飛行機に乗りたい

子供の頃、親に連れられて近くの自衛隊飛行場にブルーインパルスを見に行きました。今となってはあんまり覚えてないんだけど…(たぶん)10年以上前の事ですからね。ただ、BGMが爆風スランプの曲だったのは、はっきり覚えてます。

たぶんそれ見て感動というか憧れたのか、飛行機大好きです。ジブリのアニメ映画も、紅の豚が一番好き。(ラピュタも好き。)あんな感じのプロペラ機に乗って、急降下とか宙返りするのが小さい頃から夢でした…とか思ってるけど、この前普通のJALのジェット機で激しく酔った。これじゃあアクロバット飛行なんて、出来るわけないじゃん。



だいぶ導入が長くなりましたが、太平洋戦争での零戦エースパイロット、坂井三郎さんの「大空のサムライ」を読んでみました。坂井さん、テレビにも結構出てたらしいんだけど知らなかった。ウィキペディアでネットサーフィンしてて偶然知りました。(そんなウィキはこちら
戦争モノ…それだけで敬遠してたんですが、読んでみたら案外読みやすかった。自伝なんだけど…この人小説家か?(笑)戦記モノというよりは、なんか男の生き様みたいな。(?)何より、今を生きる上でためになる事がたくさん得られた気がする。戦争観も変わったし、靖国神社とか、アジア外交とか、60年以上経つのに戦争に起因する問題がたくさんありますが、それについて考える一つの材料にもなった。単純に戦争って怖いとも思ったし、あと、日常生活についても。
つか坂井さん、視力2.5で、昼間の星が見えたらしい。視力0.1以下(右目だけね)の私にしてみたら、ものすごく羨ましいんですけど。

この時期(来週テスト)にこの本…どういうチョイスだろう…とか思うけど、うちらの世代がこういう本読んで何かを考えるのも大事な事ですな。


まぁ、マジメにカタい事も考えるんですが…単純に、広い大空を自由に飛びまわるなんて、なんて気持ち良さそうなんだろ。


…さて、病理の勉強やりますか。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://vethbp.blog35.fc2.com/tb.php/745-3d4750c9
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。