--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.11.09

うちの子になりました。

10月23日に病院に来て、話の流れで(笑)うちで預かる事になった猫です。昨日から、本格的にうちで暮らしてます。
むー

大動物の先生の往診先の牧場でうまれた子。臍ヘルニア持ちで、さらに未熟児だったみたいで発育が悪くて、ほっといたら先が見えてる、ってのが病院に来た経緯。その日は外科の先生に、ヘルニアの部分にテープを巻いてもらって(腹腔から、おへその部分に腸が飛び出してくるので。)もう少し成長したらオペをしよう、って話に。その時点で、すっかりうちの子になるみたいな話の流れに。(笑)
ずっと外にいた子なので、とりあえず糞便検査。
猫回虫卵…
猫回虫いたので、ミルベマイシンで駆虫。
あと、目やにがひどかったので抗生物質点眼。これは3日くらいでよくなりました。
問題は便で、ずっと下痢。駆虫薬飲ませて1週間くらいしても改善しない…。ヘルニアの影響もあるのかな。肛門周囲もちょっと赤くなって腫れ気味。…てことで、病院にずっとおいといて薬投与することに。家にひとり留守番させるのは心配だし、病院にいてくれた方が世話しやすいので。。薬は、漢方の下痢止めと、抗炎症作用を期待してトランサミンを1週間BIDで。投与開始してから2日くらいで便固まってきて、おととい投薬計画終了したので、おうちに連れて帰ったと。肛門の腫れもよくなったよ。おなかのテープはオペまで取れないけど、ちょくちょく巻きなおしてます。
そうそう、あとウイルス抗体チェックもして、FIVとFeLVは陰性。これ陽性だったらちょっと飼えないなーと思ってたのでよかった。。
あとは、なるべく早くワクチン接種して、誰かにヘルニアのオペしてもらって(笑)、避妊(たぶん女の子)して…だな。それまで元気に育ってくれー。今のとこ、体重(10/25:444g→11/9:666g)も活動量も順調に増えてて、猫らしく走ったり遊んだりできるようになりました。来た時はヨロヨロだった…。
ちなみにごはんは、病院でもういらなくなったベビー用の試供品をたくさん譲ってもらいました。おかげ様でごはん代めっちゃうきました。ありがとうございます。。

そうだ、名前は「むらさき」です。動物看護師さんによる命名です。「むー」とか「むーにゃん」とか呼んでます。

…てか、なんで猫なのかというと。子供の頃から犬飼ってて、犬の扱いは少しは出来るけど、猫なんてよくわかんないので、飼ってみて勉強しようと思ったのがひとつ。その飼ってた犬を、飼い主にはめっちゃおとなしいのに、病院に行くと獣医さんに引っかき傷を作るようなアホ犬に育ててしまったので、しつけの仕方をちゃんと勉強しようと思ったのがひとつ。最近自分が動物に対してドライになってきてる気がするので、これじゃ病院に来る飼い主さんの気持ちがわかんないな、と思ったのがひとつ。がんばります。


活発になってきたことだし、ねこじゃらしとか爪とぎとか買ってあげたいけど…今のあたしにはそんなお金もないよ。ごめんよむーにゃん、お給料出るまで待ってくれ。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://vethbp.blog35.fc2.com/tb.php/823-6bb8f308
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。