--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.04.02

もう5年生。

こんばんは。こんな私ですが、今月からとうとう5年生。研究室に入ったのはつい最近の事のような気がするけれど、あれからもう1年経ったんだなぁ…。
今年はうちの研究室に新4年生が2人入ってきてくれました。が、3月は病院の改修工事終了してお引越し作業をしていたため、診療の事をあまり教えられず…。研究室に入ったと思ったら重い荷物ばっかり持たせてしまい、なんだか申し訳ないな。まぁ、来週診療が始まったら忙しくなると思うので…今のうちにゆっくり休んどけ、ってとこですね。

引越し作業のため休診だったとはいえ、患者さんが全く来なかったわけではないのです。ちょこちょこ再診の患者さんが来ました。状態があまり良くないのに加え、飼い主さんの都合もあって入院してた子も。。その子が、前にも書いた、1月に初診で来てオペ、さらに2月に断脚術をした、私の入院担当の子です。3月27日から入院していたのですが、30日に状態が悪化し、31日朝に亡くなってしまいました。ふたり連続で担当の子を亡くし、正直ショックです。
前回の子の時、亡くなった時に自分が何も出来なかったのが悔しくて、入院担当の責任の重さを思い知らされました。今回の子は、術後の入院や再診時、自分なりに今の状況を把握したりする事に努めたつもりだったけれど、過去の検査所見を忘れてしまって、先生に正しい説明が出来なかった。先生に言われるがままの治療を行っていた…というか、治療に対する理解が足りなかったと思う。前回から何も学んでないじゃん、これではいけないとようやく気付き、過去の身体検査、血液検査の結果やX線写真、超音波検査の所見などを整理しはじめましたが、もうすぐ今の状態に追いつく、というところで…。亡くなった前日から状態が悪くなり、その日はカルテの整理をしながら朝までずっとついていました。(仮眠はとってましたが。。)一旦シャワーと朝食のため家に帰りましたが、その1時間半の間に心肺停止。またしても、何も出来なかったんだな、自分。
亡くなってしまった子は取り戻せない。やっぱり、この症例から出来るだけの事を勉強しよう。。


いつも勉強しなきゃ、とか言いつつ、今日は疲れたからちょっと休もう、とか、明日でいいや、とか思って何もしない自分、ほんと弱いなー。。何のために毎日診療に参加させてもらってるのか、ただ単に働かされに行ってるのと変らないな。6年生が診療から引退して、診療の中心となってく5年生、来年の今頃後悔してないように、もっと意志を強く持ってかなきゃな、と思うのでした。


++

4年程前にパソコンを買って以来、ウイルス対策ソフトのアップデートを全くしていなかった。さすがにマズいと思い、大学で無償で貸し出してるソフトをダウンロードしてみました。さらに、最近パソコンの起動時に毎回出てくる謎のエラーメッセージ、いつも無視していたけど、今日はこれに対処すべく頑張ってみた。あと、Internet Explorerを開くと必ずsujin.com.npという謎のページにアクセスしてしまっていたんだけど、これがウイルスの仕業だというのをやっと同定(?)できた。そして駆除。いやほんと、ウイルスって怖っ。新学期になり、新しい研究室名簿をえくせるで作ったのだけど、恐ろしく時間かかった。あぁ、こんなに使えなくて卒論大丈夫なのか。パソコンも勉強せねばなー。まぁ、こっちは何とかなるか~。何だかんだで機械って、カンを駆使すれば使えるからなー。


今日はだいぶ伸びてた髪をばっさり切ってみた。春だ。財布もかえてみた。心機一転。5年生、がんばろう。(しかし早速お金がなくなり、今月私大丈夫だろうか。。)
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://vethbp.blog35.fc2.com/tb.php/850-f5b3c625
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
亡くなった子たちにできること
それは5年後も10年後も
結婚して名前が変わっても
子供が産まれても
その子のことを忘れないことだよ

これから何百、何千ていう助けてあげられる命の中の
ほんの一握り
ずっと忘れないで


お財布も替えたんだー
明日見してねーー
Posted by すみを at 2009.04.03 17:09 | 編集
コメントありがとうございます^^

命って重たいですね…。重たいけれど、助けられるように、勉強しなきゃ、ですね。

Posted by まゆみ at 2009.04.04 21:06 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。