--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.03.26

映画な休日

「録画してあとで見よう」がたまっていたのを、今日一気に解消。やっとHDDがすっきりする!
一応見た映画のひとこと感想。

Seven years in Tibet セブンイヤーズインチベット
地味な映画に分類されるかもしれないけど、きれいで心洗われます。ダライラマ14世役の子がかわいい。(笑)ほとんど英語なんですねー。今思えば、ラストサムライとか、結構画期的だったんですかね。一応日本語喋ってたから・・・。

Le Fabuleux Destin d'Amélie Poulain アメリ
なんかよくわからんな・・・と思いつつ頑張ってついていったら、最後はちょっとほっこりしました。この独特な雰囲気、ダメな人と好きな人がいるだろうなー私は好き。あ、去年の旅行で見た風景もたくさん出てきて嬉しかった!あの丘の上のサクレクール寺院には、怪しげな人達がいたから観光客は要注意・・・。

The Spirit of St. Louis 翼よ! あれが巴里の灯だ
リンドバーグって、この時こんなオッサンだったの?って思ったら、単に役者さんがオッサンだっただけなのね。(今調べた)昔の映画だからか、淡々としてていまいち落とし所がわかんなかったです。結果として「あぁ、よかったね、おめでとう」という感想。ところで、この邦題は誰が考えたのかな??

Das Leben der Anderen 善き人のためのソナタ
普通にピアニストの話かと思って見始めたけど、全く別ものでした。どうして助けようとしたのか、理由がよくわからんかったけど(よくわからんけど助けたくなったのか??)、こちらもじわっと感動するいい映画でした。しかし、こんなに重いとは思わなかった・・・。

Breakfast at Tiffany's ティファニーで朝食を
私的ポイントは猫ちゃん。(笑)最後に猫ちゃんがいたからこそ、「あっそう、よかったね」で終わらずに済み、最後ちょっと涙。かなり偏った感想ですみません・・・。てか、オードリー・ヘプバーンはあんなにキレイなのに、なんで男の人はオッサンばかりなんだろう・・・。昔の映画って、みんなそうだよな・・・。謎。

August Rush 奇跡のシンフォニー
ストーリーが奇跡すぎて、特に何の感動も起こらず。逆に笑った。あーチェロ弾くフリ、もうちょっと上手に出来ないものかな。。のだめの方が頑張ってたよ。無駄な時間を過ごした感じ。

The Notebook きみに読む物語
うーん、まぁ普通のラブストーリーですね・・・こうやってテレビで見るのはいいけど、私はこれを見に映画館には行かないなぁ。よかったねおめでとう、画面もまぁキレイだったよ、という感想ですかね・・・。(この感想多いな・・・)

Slumdog Millionaire スラムドッグ$ミリオネア
懐かしい!!いつの間にか見なくなった、クイズミリオネアだ!インドの司会の人も、なんとなくみのもんたに似てる!・・・それにしても、私はこういうマジメな硬派な映画の方が好きだな。(この映画、硬派なのかそうじゃないのか微妙な気もするけど。。)

Sherlock Holmes シャーロック・ホームズ
・・・おもしろくなかったわけじゃないけど、このオカルト的な話・・・ハリウッド的なシャーロック・ホームズだったなぁ。続編への期待は大して・・・。見終わった後、BBCのSherlockで口直ししたい感じ。(実際した。笑)あーそれにしても、Sherlock(BBCの)の日本語版ブルーレイはいつ出るの?てゆーか、出る予定はあるの??さすがにオーディオコメンタリーは字幕なしでは無理・・・。とりあえず5月22日のシリーズ2のUS版発売を心の糧にして、明日からも仕事、頑張ります・・・。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://vethbp.blog35.fc2.com/tb.php/895-ee808352
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。