FC2ブログ
2018.12.13

異国の地で風邪ひいた

こんにちは。寒くなって天気も良くない中相変わらずふらふら出歩いていたら、身体が冷えて風邪ひきました。こんなんなので、今日で学校休むの3日目。休んだおかげでだいぶ体調は良くなってきたけど、まだ咳がおさまらなかったり、頭ちょっと痛い。(これは寝すぎからか?)今週末またふらふら出歩く予定立ててある(もうだいぶ前にバスのチケットも買ったのだー)ので、それまでに治さないとな!あーそれにしても、先週までと打って変わって今週はめっちゃいい天気なのに、ずーっと部屋でダラダラしてるの勿体なさすぎ。せっかくイギリスにいるのに、ひとり部屋でお粥作って食べるの悲しいわ。。

部屋でぼーっとしてるのも何なので、今日はさすがGreat Britain!というお題でお送りしたいと思います。何やそれって、ボイラーの故障(+その他)ですよ。
今の快適な我が家に引越してから、もう1ヶ月も経つ(!)んですが、その間いろいろありました。まず引越してすぐに、暖房とキッチン蛇口からのお湯供給がストップ。シャワーは電気の湯沸かし器だったので大丈夫だった。(この、どっちかがダメでもどっちかOKシステム、ありがたかった。)管理してる方が、寒いだろうからと電気のファンヒーター持ってきてくれて(しかしこのヒーター、ホコリまみれであまり使う気が起こらなかった…。)ボイラーも今直してるから!という事で、その日のうちにボイラー直って暖房とお湯復活!ボイラーの有り難みをかみしめてたらしばらく後、またボイラーダウン。前回ブログ書いた直後あたり。全然暖房で暖かじゃなくなった。次の日やや復活の兆しを見せたものの、また速効でダウンした。今回はいつ直るのかなーとのんびり構えてたけど全然回復せず、さすがに寒いのでファンヒーター使ってみたら、バチッと言ってこいつもダウンした。笑
結局ボイラーが直ったのは1週間ちょっと後であった。(その間私はアイルランドへ旅に出て帰ってきた。これについてはまた後日。)今回は修理では直らず、新しいボイラーを入れたとのこと。これでもう壊れる心配はなさそうで、ボイラーについては一安心。でも、1週間はかかりすぎやろ。

も一つ。水道について。毎日水道使ってるのにも関わらず、たまに水道が咳き込んだり、しばらく水が出てこなかったりする。電気湯沸しのシャワーも、水来てませーんってエラーになって、しばらく待たないと使えない日もあった…。うちの部屋はリノベ済みとは言え、本体の建物は恐らく築100年かそれに近いくらいなのではないだろうか。よって、水道設備は最上階のうちの部屋に水を送るには、時々力不足になってしまうのではないか…というのが私の勝手な推理でござる。まぁ少し待てば使えるからいいんだけど。日本ではあまりないわなきっと。ちなみにロンドンの水道水ですが、私はお茶淹れたり、パスタ茹でたりの時はそのまま使ってますが、水としてそのまま飲むのはいまだに無理。正直まずい。水飲みたい時はボトルの水飲んでます。

さらにも一つ。窓について。内覧の時に窓のハンドルが壊れてたので、管理されてる方に直しておいてお願いをしてました。さらに一応最上階なので、むーちゃんが落ちたりしないように、ロックも付けてくれるとのことだったんですが…入居時に「残念なお知らせだけど、窓はまだ直ってないんだ!」と仰った。いやまぁ、いいんですよ。そのうちやってくれれば…。しかしここは英国、そのうちはいつまでも来ないのでした。この1ヶ月の間、私がはるばる親と電話してて油断した最中に、窓からむーちゃんが外の屋根にジャンプし、屋根のかなりの傾斜のため戻って来れなくなったという事件も勃発した。私も屋根に降りてひっ掴んで助け出したけど、そのまま転落してもおかしくなかったぞ!
この事件もあり、早く直してとお願いする事2回、ようやく昨日直しに来てくれた!窓にロックを取り付けてくれ、私の思ってたのとはちょっと違うけど、漸く安心できる…と思ったら、今朝窓に盛大にヒビが入ってるのを発見したよ!笑 明らかにロックを取り付けた所からヒビが発生してるよ。しかも、少しずつヒビが広がっている。早速管理してる方に連絡したけど、どーなるんだろうこれ…。窓交換するのってきっと大ごとだから、そのままなんだろうなー。地味にショック。

そうそう、入居した時から思ってたけど、共用部分の階段が汚い!イギリスのカーペット文化だけはどーにも慣れんわ。しかも、誰も掃除しねーの。ボイラー新しくなった時、工事のおかげで白いペンキカスとかが階段に散らばってんのに、本当に誰も掃除しねーの。仕方ないから私、上から下まで掃除したわ。私の仕事じゃないけど。爆音共用掃除機で掃除してたら、大家さん(階下に住んでいらっしゃる)が様子を見に来て、「汚かった?」って…どっからどー見ても汚かったです。(とはもちろん言っていないけど…。)キレイになって自己満足したけど、大家さんに嫌な思いさせてないだろうかと心配になってしまう、小心者ジャパニーズなのでした。

という事でボイラーは壊れるだの、水トラブルだの、「イギリス住居あるある」はやはり本当だったというお話でした。Greatって自分で言うなら、インフラ整備(?)くらいもっとしっかり素早くしてくれないとね。
しかしこんなトラブルばっかでも、今の家が私にとってめっちゃ快適だというのも本当なのでした。では。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://vethbp.blog35.fc2.com/tb.php/965-114eb73b
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
風邪大丈夫かー?
トラブル対応大変やな。さすがイギリス?でも管理人さんいい人そうでよかったね。イギリス人は埃アレルギーにならないのか謎やね。
ちなみに私は大阪でも飲み水はペットボトル買ってるよ。みたけの水うますぎ(笑)
Posted by りよ at 2018.12.14 03:55 | 編集
ほんとに、次から次へとトラブル起こって、日本ってめっちゃいい国やと再確認笑
大阪そんな水不味いんか…東京ではどうやった?
ロンドンは硬水なのも不味い原因だと思うけど、硬水で育った人は軟水口に合わない事もあるんだってー当然と言えばそうだけど、びっくりやわ〜。
Posted by まゆみ at 2018.12.18 10:17 | 編集
管理者にだけ表示を許可する